モテる男性の要素


モテる男性の要素

モテる男性はどんな男性でしょうか?かっこいいという外面以外に何が必要でしょうか?順番に検討していきます。

まず、男性の場合学歴が必要です。極端にいえば東京大学にいって高給取りになればだいたいもてます。勉強しましょう。東京大学といわないまでも旧帝大の国立大学である京都大学や大阪大学、名古屋大学や九州大学などに行けば出世の確率は上げるでしょう。経済学部などが有名な神戸大学や一橋大学は経営に強いので、そこを卒業して社長を目指すのもいいでしょう。私立なら、慶応大学や早稲田大学もおすすめです。慶応大学の同窓生は三田会といわれる組織が、大企業や大手銀行にあるので有利な場合が多いです。

そして、勉強もダメ、顔もダメなら歌が上手いというのはどうでしょう。歌がうまいとかっこよく見えます。カラオケなどで披露する場もあるので、歌唱力を上げるというのもモテるためのひとつの手でしょう。

次は、面白さです。面白さは人を喜ばせます。女性は無口な男性より面白い男性の方が好きという人もいます。面白さをあげるためにはどうすればいいのでしょうか?関西の女性は関東の男性の面白さに厳しいという話をよく聞きます。関西にはもともと面白い人が老若男女たくさんいますし、関東の男性の喋り方が鼻につくこともありますが、全然面白くないのに、面白いと思っているあたりが一番の原因でしょう。面白さに自信がない人はテレビなどで研究して、普段から話をするよう心がけてください。

最後は可愛さです。女性において重要なこの要素は男性でも有効です。たとえば年下の男性が好きな年上の女性は可愛さつまり母性本能をくすぐるタイプに好意を寄せます。母性本能をくすぐる男性は、可愛い顔だけではなくしぐさも可愛い場合があります。そんな可愛い男子を目指すのもいいでしょう。

かっこいい男性だけではなく女性は内面を吟味もした上で男性を判断します。カッコよさを補うための要素はたくさんあります。